メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

英語で挑む問題解決 芝浦工大、異文化PBL

英語で、課題解決のディスカッションをするIITの学生ら(右側)と日本人の学生たち(左側)=芝浦工業大学豊洲キャンパスで

 芝浦工業大学豊洲キャンパス(東京都江東区)で8日、異文化PBLが行われた。インド工科大(IIT)から、3年終了時の夏休みを利用して、インターンシップ(就業体験)に来ている学生と日本国内の大学生との交流イベントだ。

 PBL(Project-Based-Learning)は、自ら課題を発見したり、与えられた課題を解決したりする能力を身に着けていく課題解決型学習のこと。

 当日の参加者は9大学43人。そのうち11人がIITの学生だ。

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1132文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  3. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  4. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト
  5. 「小6がゲーム取り上げられ包丁振り回す」事例も ゲーム障害による人格崩壊とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです