メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

ロックシンガー・金子マリさん

「夕方からは笑って暮らすのがいい。もちろん大変なこともいっぱいあったけど」=東京都世田谷区で、手塚耕一郎撮影

歌と弔いは似通う 伝説なんてまだ先

 東京・下北沢のライブハウス。この地で生まれ育ったロックシンガーは、長い髪を揺らしながらマイクの前に立ち、圧倒的なボーカルで聴衆の心をつかむ。孤独な境遇で愛を歌う米ロック界伝説のシンガー、ジャニス・ジョプリンをほうふつとさせることから、「下北のジャニス」とも呼ばれる。「若いころ、アドリブで歌ってほしいと言われ、ブルースみたいなコード進行でその時に思ったことを歌ったら、ジャニスみたいだと。それまで、彼女の曲を歌ったことはないし、彼女を意識したこともありませんでした。でも、生涯そう呼ばれるのかもしれません」

 小劇場やライブハウスがひしめく下北沢。自らの代名詞ともなっている街だが、「とうとうこの街から逃げ出…

この記事は有料記事です。

残り1511文字(全文1832文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 受験者をランク付け 東京医大裏口リスト
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]