メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

高知県(高知市~馬路村) (有川浩「県庁おもてなし課」) 「楽しませる」を全身全霊

高知県庁内の「おもてなし課」プレート。現在も観光客が写真を撮りに訪れるという=高知県庁で、村瀬優子撮影

 高知県庁に実在する「おもてなし課」を舞台に、観光立県を目指して奮闘する職員たちの成長を爽やかに描く「県庁おもてなし課」。県出身の作家、有川浩さんによる高知の観光小説としても楽しめる。主な舞台となった県庁と馬路(うまじ)村を訪ねた。【村瀬優子】

 「本物のおもてなし課」。県庁では遊び心のあるプレートが職員たちの頭上で輝いていた。「本物の」という文字だけ黒いペンで書かれているのが笑いを誘う。

 観光客の受け入れ態勢の充実を目指し、この課が発足したのは2007年。四国のお遍路さんをねぎらう「お…

この記事は有料記事です。

残り1135文字(全文1380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです