メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

課題の現場

2017仙台市長選/4止 相次ぐいじめ自殺 子どもの心に届く教育を /宮城

おはなしカフェに訪れた親子連れ。母親らは子どもをあやしながら、候補者の話に熱心に耳を傾けた=仙台市で

 6月19日にあった仙台市長選立候補者の考えを聞くイベント「おはなしカフェ」。市民ら30人以上が集まった会場には「母子席」が用意され、母親が子どもをあやしながら候補者の話に耳を傾けた。この参加者を対象に実施した模擬投票で最も重視する政策に選ばれたのが「教育」だった。

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです