特集

ともに・2020

東京五輪・パラリンピックを控え、毎日新聞社はバリアーゼロ社会実現を目指し「ともに2020」キャンペーンを展開しています。

特集一覧

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

タブレットで手話通訳 飯能市役所、手続き円滑に /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
飯能市の障害者福祉課に設置されたタブレット端末=同市双柳の市役所で
飯能市の障害者福祉課に設置されたタブレット端末=同市双柳の市役所で

 聴覚障害者が市役所の窓口などで、タブレット端末を通じて手話通訳などを利用できる事業を、飯能市が今月導入した。設置最初の5日間で延べ11人が利用し、好評という。【清藤天】

 タブレット端末は、市役所内の障害者福祉課、市民課と、近くの市総合福祉センターに各1台を設置した。

 機能は、手話通訳▽筆談▽音声認識。窓口では、システムを開発したIT会社「プラスヴォイス」が配備する手話通訳者につなぎ、意思疎通を手助けしてもらう。筆談は、画面に手書きで文字を書いて行い、音声認識は、話した内容を文字化して活用する。端末は持ち運び可能で、設置場所に来れば職…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文675文字)

あわせて読みたい

注目の特集