メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家バンク

津市が拡充 店舗も含め、登録を市全域に /三重

 津市は、空き家の情報を移住者などに紹介する「空き家バンク」の登録を市内全域に広げ、対象物件に空き店舗も含める。登録物件を募集中で、9月までに市ホームページで公開する予定。

 津市では過疎化が進む美杉地域の振興のため、2009年に同地域で空き家バンクを取り入れた。これまでに延べ68件が登録され、うち37件で売却や賃貸の契約がされた。

 売りに出した所有者からは「子どもたちに迷惑を掛けないよう処分したかった」、購入者からは「古い家のリノベーションも、やってみれば難しくなかった」などの感想が聞かれたという。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです