手足口病

県内で流行 2日以上発熱、慎重対処を /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 乳幼児を中心に口の中や手足に水疱(すいほう)性の発疹が出る感染症「手足口病」が県内で流行している。県は、手洗いやうがいの徹底などの予防を呼び掛けている。

 県薬務感染症対策課によると、県内45カ所の指定医療機関(小児科)で行っている調査で、10~16日の平均患者数が16・9人となり、国立感染症研究所…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

あわせて読みたい

ニュース特集