百舌鳥古墳群

VR映像で全景把握 堺市など作成 来月から疑似体験ツアー /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
百舌鳥古墳群を上空から見渡す映像を見る堺観光コンシェルジュの女性=堺市堺区の市博物館で、山下貴史撮影
百舌鳥古墳群を上空から見渡す映像を見る堺観光コンシェルジュの女性=堺市堺区の市博物館で、山下貴史撮影

 世界文化遺産登録を目指す百舌鳥(もず)古墳群を理解しようと堺市と堺観光コンベンション協会は、大山古墳(仁徳陵古墳)などを上空から見渡した仮想現実(バーチャルリアリティー)の映像を作成し、来月1日から市博物館で疑似体験できるツアーを始める。観光客からの「地上からは古墳の全景を把握できない」という声に対応した。

 「百舌鳥・古市古墳群」(堺市、羽曳野市、藤井寺市)は月内にも開かれる国の文化審議会で他の2カ所とともに国内推薦候補の選考対象となっている。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文548文字)

あわせて読みたい

注目の特集