映画「この世界の片隅に」

「すず」にまた会いたい 尾道、福山で再上映 /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 戦時下の広島を舞台に、女性「すず」の日常を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」が、原爆の日を機に改めて注目されている。尾道や福山などの映画館でアンコール上映されるほか、地域の上映会も計画されている。

 8月5日から9月1日までアンコール上映するシネマ尾道(尾道市東御所町)では、8月6日、片渕須直監督が舞台あいさつする。午後4時45分からの上映後、約40分のトーク。全席指定(当日券なし)で、チケットは7月22日午前10時からシネマ尾道の窓口でのみ販売す…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

あわせて読みたい

注目の特集