メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

メダリストのプロ宣言

 体操の内村航平、競泳の萩野公介、陸上のケンブリッジ飛鳥の各選手らリオデジャネイロ五輪メダリストが相次いで「プロ宣言」した。プロ参加に伴い五輪はアマチュアだけの祭典ではなくなっているが、日本では依然、企業がアマ選手を雇う「社員選手」が一般的だ。2020年東京五輪開幕まであと3年。プロ宣言の意味や影響を考える。

この記事は有料記事です。

残り4416文字(全文4571文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. 天皇陛下即位パレード 11月10日午後3時からに延期 予備日は設けず

  4. 台風19号で橋流出 JR鉄橋歩き命つなぐ 福島・矢祭町

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです