メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

就任半年 米国第一、摩擦生む 識者に聞く

パトリック・ハーラン氏=内藤絵美撮影

 20日で就任から半年を迎えたトランプ米大統領の言動は国内外を揺るがし続けた。各分野の識者ら4人にこの半年間の評価を聞いた。また、外交、内政、経済、大統領としての指導力の4項目について、A~Eの5段階で採点してもらった。【大前仁、武内彩】

 ◆大統領像、汚された タレント パトリック・ハーラン氏

外交→E 内政→E 経済→B 指導力→E

 トランプ氏の大統領就任から半年を迎え、良いニュースもある。米国が一気に独裁国家とならずに、さまざま…

この記事は有料記事です。

残り4540文字(全文4757文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]