メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

慰安婦記念日を制定 国政計画、20年に歴史館

 【ソウル米村耕一】韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は19日、「国政運営5カ年計画」を発表した。2018年に「慰安婦被害者をたたえる日」を制定し、19年に研究所を設置、20年に歴史館を作るなど一連の慰安婦問題に関する政策が盛り込まれた。対北朝鮮政策では、年内に朝鮮半島の非核化と平和体制構築に関するロードマップを策定する方針を掲げ、早期に南北対話の進め方を国民に提示する考えを示した。

 15年末の慰安婦問題に関する日韓合意について、計画では「慰安婦問題は被害者と国民が同意できる解決策を導き出す」と指摘し、「再交渉」や「破棄」などの言葉は使わなかった。また、「歴史問題と、北朝鮮の核・ミサイル対応や実質的な協力とは分離して対応する」とした。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです