英国

EU離脱交渉 清算金方針示さず 権利保障でも溝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ブリュッセル八田浩輔】英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉の第2回会合は20日、4日間の日程を終えた。英国に在留するEU加盟国出身者(EU市民)の権利保障やEUが英国に求める「手切れ金」など離脱条件を巡る初の本格協議となったが、立場の違いの整理にとどまった。

 会合終了後に記者会見したEUのバルニエ首席交渉官は今回の協議で「立場の一致と不一致」を確認できたと説明。1000億ユーロ(約12兆2000億円)とも報じられている手切れの清算金問題で「英国の立場の明確化は不可欠だ」と…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集