メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
英国

EU離脱交渉 清算金方針示さず 権利保障でも溝

 【ブリュッセル八田浩輔】英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉の第2回会合は20日、4日間の日程を終えた。英国に在留するEU加盟国出身者(EU市民)の権利保障やEUが英国に求める「手切れ金」など離脱条件を巡る初の本格協議となったが、立場の違いの整理にとどまった。

 会合終了後に記者会見したEUのバルニエ首席交渉官は今回の協議で「立場の一致と不一致」を確認できたと説明。1000億ユーロ(約12兆2000億円)とも報じられている手切れの清算金問題で「英国の立場の明確化は不可欠だ」と…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです