メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

笹本恒子さん=「反戦平和」を訴える報道写真家

 「生きている限り自分の意見をはっきり言う」

 日本国憲法が施行されて70年の今年、こんな思いを強くした。解釈改憲で集団的自衛権の行使が可能となり、「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が施行された。「治安維持法の時代を身をもって体験している。憲法で保障される自由や平和を脅かすことには反対の声を上げていく」と語る。

 女性報道写真家の草分け。もとは画家志望で東京日日新聞(現在の毎日新聞)でコラムのカットを描くアルバイトをしたのが縁で1940年、国策機関だった写真協会に入り、報道の世界に。同年の日独伊三国同盟の婦人祝賀会や60年安保闘争など戦中から戦後にかけて激動の時代を記録した。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです