メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄の海

生きたサンゴ激減 白化現象が深刻化

 環境省は20日、大規模な白化現象が昨年起きた沖縄県の海でサンゴの状態を調査した結果、一部の海域で生きたサンゴが海底を覆っている面積が昨年に比べて激減していたと発表した。

 特に石垣島の西岸と東岸、宮古島の北東岸の状況が深刻で、白化して死滅したサンゴの骨格が黒ずみ、無残な姿を見せていた。周辺海域では夏から秋にかけてさらに海水温が上昇すると予測され、環境省は「サンゴの状態を引き続き監視したい」としている。

 環境省は昨年の調査でサンゴが多く確認できた海域を中心に、今年6~7月に水面からシュノーケリングで調…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文519文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 TBSを厳重注意 「芸人連れ去り」に通報相次ぐ
  2. 旧海軍潜水艦 「呂500」が若狭湾で発見か 独から譲渡
  3. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  4. 大阪震度6弱 女児通夜、泣き崩れる児童も
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]