メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落事故

三十三回忌法要、「風化させず」 群馬

焼香をする遺族や住職ら=群馬県藤岡市の光徳寺で2017年7月21日午前10時14分、杉直樹撮影

 520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から8月12日で32年になるのを前に、事故直後に遺体が安置された群馬県藤岡市の光徳寺で21日、「三十三回忌法要」が営まれた。遺族のほか、地元住民や関東地方の住職ら約150人が出席し、犠牲者の冥福と安全への祈りをささげた。

 午前10時すぎ、参列者一人一人が焼香を…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです