特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

清宮、高校通算106号 最多まであと1本

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【早稲田実-法政大高】三回表早稲田実業無死、清宮が中越え本塁打を放つ=神宮球場で2017年7月21日午前9時33分、藤井達也撮影
【早稲田実-法政大高】三回表早稲田実業無死、清宮が中越え本塁打を放つ=神宮球場で2017年7月21日午前9時33分、藤井達也撮影

 高校野球屈指の強打者、早稲田実の清宮幸太郎内野手(3年)が21日、神宮球場で行われた第99回全国高校野球選手権西東京大会の5回戦で高校通算106号本塁打を放ち、歴代最多の通算107本まであと1本とした。早稲田実は5-0で法政大高に勝ち、準々決勝に進出した。

 清宮は三回の第2打席で中越えのソロ本塁打…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る