メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
英国

手切れ金方針示さず 権利保障でも溝 EU離脱交渉

 【ブリュッセル八田浩輔】英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉の第2回会合は20日、4日間の日程を終えた。英国に在留するEU加盟国出身者(EU市民)の権利保障やEUが英国に求める「手切れ金」など離脱条件を巡る初の本格協議となったが、立場の違いの整理にとどまった。

 会合終了後に記者会見したEUのバルニエ首席交渉官は、今回の協議で「立場の一致と不一致」を確認できたと説明。1000億ユーロ(約12兆2000億円)とも報じられている手切れ金問題で「英国の立場の明確化は不可欠だ」と述…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです