メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中経済対話

「蜜月」消え対立へ トランプ氏は制裁示唆

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】米中両政府は19日、米ワシントンで閣僚級の第1回包括経済対話を開いたが、米国の大幅な赤字となっている貿易不均衡是正の具体策は示せなかった。共同声明の発表が見送られ、両国がそれぞれ開く予定だった記者会見も中止に。4月の首脳会談で「蜜月」ぶりを演出した両国だが、経済対話が出はなから不調に終わり、経済・通商政策をめぐる溝の深さを浮き彫りにした。

 協議の不調を受け、トランプ政権が中国製などの鉄鋼製品に対する制裁発動に動く恐れもあり、2大経済国の対立が深まれば、世界経済にも悪影響を及ぼす懸念がある。

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです