メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

白鵬1047勝 歴代最多タイ

 大相撲の東横綱・白鵬(32)=本名・ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が20日、名古屋場所(愛知県体育館)12日目で東関脇・玉鷲を降して通算勝利数を1047とし、元大関・魁皇(現浅香山親方)の持つ歴代最多記録に並んだ。2001年夏場所の序ノ口での初勝利から97場所での達成で、139場所を要した魁皇より42場所速い。

 白鵬は3月の春場所をけがで途中休場したものの、5月の夏場所で38回目の幕内優勝を果たして自身の最多優勝記録を更新。1036勝まで白星を伸ばした。今場所は9日目に1045勝目を挙げて元横綱・千代の富士の記録に並び、10日目の勝利で単独2位になっていた。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです