メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

“筋トレ女子”を牽引する美ボディトレーナー・AYAに密着!

<プロフィル>AYA 1984年生まれ。思春期に父の仕事の都合で転校を繰り返すが、どんな場所でも恵まれた体格と運動神経をアピールし即座に新しい環境に馴染んだとか。体育大学を卒業後フィットネスインストラクターの道へ。モデルとの2足の草鞋を履くうちに、海外で活躍する筋肉質なモデルの存在を知り、タフで美しく引き締まった体づくりを目指すように。トレーナー仲間からは、動く人体模型といわれることも。取材ディレクターいわく「最強のツンデレ。最初はライオンのような恐ろしさがあったが、最後は雨に濡れた子猫のようで抱きしめたくなった」。好きな食べ物は「アップルパイ」という32歳。

[PR]

 土屋太鳳、すみれ、黒木メイサ、西内まりやなど今をときめく女優やアーティストがこぞって指名するカリスマトレーナーのAYAがドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作・著作/TBS系全国ネット、7月23日午後11時~11時半)に登場する。 

 6つに割れた美しい腹筋、しなやかで筋肉質な長い手足……そのクールな容貌も相まって今、現代の女性美のアイコンとして絶大な支持を集めているAYA。「クロスフィット」という有酸素運動と筋トレをミックスしたトレーニングの第一人者で、特徴は“鬼トレ”“ドS”と言われるほどキツイこと。しかし彼女が朝7時から指導するジムには、出勤前の女性客が押し寄せる。

 番組では「楽して美ボディなんて手に入らない」を持論とし、ジムを訪れる人々に「たかがトレーニングだけど、きっと人生で生きてくる。自分の限界を決めないでほしい。」と厳しい指導を続けるAYA独自のトレーニング哲学を徹底取材。

 また、夏に向けて自らの肉体を3週間で徹底的に絞っていく彼女自身の“美ボディ作り”にもカメラが密着した。男性顔負けの激しいウエイトトレーニングでタフな筋肉を作り上げた後、オリジナルルール満載の食事制限と有酸素運動で筋肉を引き締めて“女性らしさ”を体に宿すという。ストイックな日々を経て、果たしてどんなカラダが出来上がったのだろうか? 32歳カリスマトレーナーの素顔と、完璧なAYA流美ボディ作りの秘訣、たっぷりお伝えします。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです