メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

いざ新テスト、英語熱 民間試験・塾、高校生走る

「英語塾ABC」で学ぶ生徒たち=兵庫県西宮市で2017年7月13日、望月亮一撮影

 2020年度から大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストの英語に、民間試験の活用が決まってから、民間の英語試験への関心が高まっている。高校生の志願者は急増し、大学受験を見据えて英語塾も注目されている。【金秀蓮、水戸健一、岡崎英遠】

 文部科学省は大学入学共通テストに採用する民間試験(認定試験)を今年度中に決める予定で、英検やTOEFLなど8種類を候補として挙げる。読む・聞く・書く・話すの4技能を測る目的だ。

 志願者が急増しているのは、候補の一つ「TEAP(ティープ)」。試験は年3回あり、今年度の1回目は今…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1070文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  5. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]