メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう 夏休み部活中の事故 /大阪

特定校で頻発したら要注意/過去の事例調べマニュアル化

「根性」より安全優先/万全の体調が好成績生む

 多くの地域で夏休みに入りました。毎年、夏の部活動では命にかかわる重大事故が発生しています。

 過去、夏の部活動でどのような事故が発生したかをご存じですか? その時の詳しい情報が伝わっていなかったり、特定の学校において毎年のようにけが人が出たり、熱中症で倒れる部員がいる場合は注意が必要です。重篤な事故にならなかったから大丈夫などと安易に考えていると、今年こそ重大事故が発生してしまうかもしれません。そうならないために打てる手は打っておきましょう。

 事故の重症化を防ぐには、予防と救急対応、事後対応が肝心です。

この記事は有料記事です。

残り1530文字(全文1832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. RSウイルス感染症 流行始まる 乳幼児、早めに受診を
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 鍾乳洞 夏でも気温16度 ひんやり涼求め 北九州

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです