メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

橋本で市民フォーラム 高齢化社会 地域で暮らす /和歌山

さわやか福祉財団の堀田力会長(右)の基調講演などがあったフォーラム=和歌山県橋本市教育文化会館で、松野和生撮影

互助のシステム作りを

 少子・高齢化が進む中、地域を挙げた「助け合い」の仕組み作りを呼びかける市民フォーラムが今月8日、橋本市東家1の市教育文化会館で開かれた。橋本市・市社会福祉協議会、公益財団法人さわやか福祉財団(東京都)などが主催し、市民約350人が参加した。

 フォーラムは、元検事で同福祉財団会長の堀田力さん(83)が講師を務めた。財団は、住民が高齢で一人になっても生活の基盤がある地域で安心して暮らせるための支援ネットワーク作りを各地で進めている。地域住民による助け合いを広めることで、当事者の生きがいを醸成し、介護保険料の上昇抑制にもつながるなどと期待されている。

 公助・共助・自助と並び、地域での助け合いは「互助」として位置付けられる。地域事情に照らし、助けが必…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです