メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

白鵬、最多1048勝 97場所で魁皇超え

高安を押し倒しで降し、歴代単独1位となる1048勝目を挙げた白鵬(右)=愛知県体育館で21日、兵藤公治撮影

 大相撲の東横綱・白鵬(32)=本名・ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が21日、愛知県体育館で行われた名古屋場所13日目で東大関・高安を降し、元大関・魁皇(現浅香山親方)を抜いて歴代単独最多の通算1048勝目を挙げた。2001年夏場所の序ノ口での初勝利から97場所での達成となった。

 今場所の白鵬は同日まで12勝1敗で、自身の最多記録を更新する39回目の幕内優勝に向け、トップを走る。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです