メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山・加計学園

獣医学部新設問題 山本担当相、説明二転三転 根拠のメモ「確認したい」

閣議に臨む山本幸三地方創生担当相=首相官邸で21日、川田雅浩撮影

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡り、山本幸三地方創生担当相の説明が二転三転している。日本獣医師会の内部文書では、学部を新設する事業者の決定前に山本氏が同学園を名指しして発言したとされるが、山本氏は20日にこれを全面否定し、自身の秘書官のメモを根拠に挙げた。しかし21日の記者会見ではメモは既に廃棄したと明言。山本氏自身のメモの存在に言及したものの、こちらも保存されているかはあいまいな説明に終始した。【遠藤修平】

 「獣医師会から渡された資料と(獣医師会側の発言が)一緒だったので、秘書官も『メモを取っても意味がない』と途中でやめ、後で廃棄したと聞いている」。山本氏は21日の会見で、同会の内部文書に記された昨年11月17日の面会の際、秘書官が作成したとするメモについてこう語った。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  4. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

  5. 新型コロナの感染 「北半球で重大な岐路に」 WHO事務局長が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです