メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外即位祝賀パレードの延期検討 政府、台風配慮
クローズアップ2017

政権浮揚、焦る首相 「骨格」維持、岸田氏も取り込み

 安倍晋三首相が8月3日に予定する内閣改造と自民党役員人事は政権の岐路になる。自身の関与が取りざたされる学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画に加え、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報問題も再燃。政権の「骨格」を維持しながら「人心一新」を図るという二律背反的な方針が人事を難しくしており、再浮揚効果は見通せない。

 今回の人事で去就が注目される岸田文雄外相は20日、安倍首相と2人きりで約2時間、会談した。21日の…

この記事は有料記事です。

残り1944文字(全文2169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです