メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

政権浮揚、焦る首相 「骨格」維持、岸田氏も取り込み

 安倍晋三首相が8月3日に予定する内閣改造と自民党役員人事は政権の岐路になる。自身の関与が取りざたされる学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画に加え、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報問題も再燃。政権の「骨格」を維持しながら「人心一新」を図るという二律背反的な方針が人事を難しくしており、再浮揚効果は見通せない。

 今回の人事で去就が注目される岸田文雄外相は20日、安倍首相と2人きりで約2時間、会談した。21日の記者会見でこれを問われた岸田氏は「人事はノーコメントだ」とはぐらかしつつ、「たいへん有意義な意見交換をさせていただいた」と満足そうに語り、首相を支える考えに変わりはないことを強調した。

この記事は有料記事です。

残り1852文字(全文2169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです