メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
クローズアップ2017

政権浮揚、焦る首相 「骨格」維持、岸田氏も取り込み

 安倍晋三首相が8月3日に予定する内閣改造と自民党役員人事は政権の岐路になる。自身の関与が取りざたされる学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画に加え、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報問題も再燃。政権の「骨格」を維持しながら「人心一新」を図るという二律背反的な方針が人事を難しくしており、再浮揚効果は見通せない。

 今回の人事で去就が注目される岸田文雄外相は20日、安倍首相と2人きりで約2時間、会談した。21日の記者会見でこれを問われた岸田氏は「人事はノーコメントだ」とはぐらかしつつ、「たいへん有意義な意見交換をさせていただいた」と満足そうに語り、首相を支える考えに変わりはないことを強調した。

この記事は有料記事です。

残り1852文字(全文2169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです