メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成果型労働制

連合、結論出ず 政労使会談、再延期へ

 働き方改革を巡って27日に予定されている安倍晋三首相、連合の神津里季生(こうづりきお)会長、経団連の榊原定征会長の会談が再延期される可能性が強まった。21日の連合中央執行委員会(中執)で、所得の高い一部の専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)導入を認めるかどうか結論が出なかったためだ。神津氏は記者会見で「議論を継続する」と述べた。【早川健人】

 成果型労働制ともいわれる高プロに対し、連合や民進党はこれまで「残業代ゼロ法案」などと反対してきた。高プロ導入と、裁量労働制の拡大を盛り込んだ労働基準法改正案は国会で審議入りのめどが立っていない。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです