メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

辻元大雲さん=第69回毎日書道展の文部科学大臣賞に決まった

辻元大雲さん(つじもと・だいうん)(73)

 <一塊なる雲を遊ばせ淺間嶺は泰然として國原にたつ>。受賞作は久方壽満子(ひさかたすまこ)の歌を書いた。「スケールの大きな世界に気持ちが自然に入っていける」と迷わず選んだ。

 後輩の村山元信さん(毎日書道展審査会員、元千葉高校長)の三回忌に分けてもらった厚手の紙に使い込んだ筆を走らせた。「枯れた紙はしっとりしていて書き味がいい。村ちゃんの代わりに書いた。彼のおかげ」としのんだ。淡々とした筆致と泰然さが評価されたのも、なるほどとうなずける。

 県立千葉高時代、「生涯の師」種谷扇舟さん(毎日書道会最高顧問、2004年死去)と出会った。プリント…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです