メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 論壇の「反貧困」ブーム10年 政策に発展せず課題残す

 若者を巡る言論をウオッチしてきた1984年生まれの評論家、後藤和智さんが、北田暁大・東京大教授(社会学)、評論家の栗原裕一郎さんと座談会本『現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史』(イースト新書)を出した。非正規雇用労働者ら若年貧困層の問題を焦点化させた、論壇や社会運動の反貧困ブームから約10年。ブーム前後の若者論の変化を振り返った。

 後藤さんは「90年代後半以降、若者批判は明らかに変わりました」とする。以前は、「新人類」など年長世代とのコミュニケーション不全をネタにしたものが多かった。

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです