連載

もう二度と

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件のその後を追った。

連載一覧

もう二度と

相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
10年ほど前、青森県を旅行中、父親のカメラにほほえむ長女=2009年11月21日(遺族提供)
10年ほど前、青森県を旅行中、父親のカメラにほほえむ長女=2009年11月21日(遺族提供)

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件で、35歳だった長女を奪われた神奈川県内の父親(62)が毎日新聞の取材に応じた。「娘がこんなに可愛かったことを知ってほしい」。父親は時折、笑顔を見せながら思い出を語った。【国本愛】

 長女は身長約140センチ、体重約35キロと小さかった。父親のことを「ちち」と呼んだ。父親がやまゆり園の長女の部屋を訪ねると、長女は父親の手を引っ張った。2人で散歩やドライブに行った。

 歩いたり話したりできず、成長が遅いことに気付いた母親が病院に連れて行き、3歳のころに脳性まひと診断された。その後、養護学校に通い、両親と5歳年上の長男、2歳年下の次女が日常を支えた。

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1412文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集