メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

祖母を孫の視点で描いた絵本 ベストセラー

認知症の母多香子さん(左)に話しかける楠章子さん。「今は母がいとおしくて仕方ないんです」という=大阪市西淀川区で、三村政司撮影

「ばあばは、だいじょうぶ」 刊行半年で10万部超

 優しかったばあばが「忘れてしまう」病気になって、ぼくは逃げ出した--。認知症になった祖母を孫の男の子の視点で描いた絵本「ばあばは、だいじょうぶ」(童心社、1404円)が幅広い年代の反響を呼び、刊行半年で10万部を超えるベストセラーになっている。自身の体験を元に作品を手がけた作家の楠章子さん(43)=大阪市=は「子ども時代の私のように、大切な人の変化に戸惑っている人に手に取ってほしい」と話す。

 主人公のつばさは、ばあばが大好き。いつも小学校から帰るとばあばの部屋に行く。でもいつしかばあばは、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. ORICON NEWS 滝沢秀明氏、新会社「ジャニーズアイランド」社長に就任 Snow Man改編を発表
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  5. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです