米・地中深い泉水

呼吸もしない「常識外れの微生物」発見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岩石の粒子に付着した微生物(緑色の点)。大きさは0.1~0.2マイクロメートルと非常に小さい=海洋研究開発機構提供
岩石の粒子に付着した微生物(緑色の点)。大きさは0.1~0.2マイクロメートルと非常に小さい=海洋研究開発機構提供

海洋研究開発機構高知コア研究所のグループが発表

 呼吸など通常の生命維持に必要な仕組みをほとんど持たない微生物群を地中深くから発見したと、海洋研究開発機構高知コア研究所の鈴木志野特任主任研究員らが英科学誌に発表した。地球初期の生命誕生の謎や、生命を維持できる限界を探る手がかりになる可能性があるという。

 米カリフォルニア州に、マントル由来の鉱物が溶け込んだ水が地下1・2キロから湧き出る珍しい泉がある。この水は強アルカリ性で、酸素や炭素、リ…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

あわせて読みたい

注目の特集