メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

財政格差や地域分断で異論噴出 区長会議

 大阪市を廃止し特別区を設置する「大阪都構想」の区割り案について、24区長が21日に非公式に開いた区長会議で、特別区間の財政格差や歴史的な地域コミュニティーの分断などを巡り異論が噴出した。吉村洋文市長は、4区案と6区案について区長会議に意見集約を要請しているが、現場に近い区長から不満や注文が相次いだことは今後の議論に影響しそうだ。

 市関係者によると、会議には都構想の制度設計を担う副首都推進局の担当者も出席した。区割り案の策定にあたっては「財政状況の均衡化」を重視したが、4区案で歳入合計の最大は、中央区を含む7区を区域とする特別区の約2346億円で、最少区と約2倍。6区案の最大は、中央区など5区が区域となる特別区の約1860億円で、最少区と約3倍。会議では複数の区長が「財政の均衡化が図れているとはいえない」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 自首の36歳、殺人容疑で逮捕 埼玉・富士見のマンション2遺体

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです