メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト

ウイグル族の拘束相次ぐ 中国の要請か

 【カイロ篠田航一】エジプトで7月に入り、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区出身の留学生らが治安当局に拘束されるケースが相次いでいる。過激派対策の一環としてイスラム教徒が多いウイグル族への圧力を強める中国政府の要請を受けた判断とみられ、一部は強制送還された模様だ。国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)は「帰国す…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  5. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです