エジプト

ウイグル族の拘束相次ぐ 中国の要請か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】エジプトで7月に入り、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区出身の留学生らが治安当局に拘束されるケースが相次いでいる。過激派対策の一環としてイスラム教徒が多いウイグル族への圧力を強める中国政府の要請を受けた判断とみられ、一部は強制送還された模様だ。国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)は「帰国す…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集