メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民事裁判

多様・複雑が審理長期化に 最高裁まとめ

平均審理期間別の裁判の推移

 全国の地裁で昨年審理が終わった民事裁判のうち、審理期間が1年から1年半程度かかったケースが全体の約47%に上り、10年前に比べて15ポイント増加したことが最高裁のまとめで分かった。半年程度で終わる貸金請求や建物明け渡しなどの裁判が年々減少する一方、証券取引を巡る損害賠償など新しい類型の裁判が増えていることが背景にあり、最高裁は「民事裁判の多様化・複雑化が審理の長期化につながっている」と分析している。

 最高裁は、民事裁判を含めた全裁判について「1審は2年以内に終わらせる」との目標を定めた裁判迅速化法…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文946文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです