メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ひと模様

フクロウカフェ「梟の栖」オーナー・林和美さん /石川

フクロウカフェ「梟の栖」オーナーの林和美さん=金沢市西泉3で、石川将来撮影

 今年3月、フクロウと触れ合えるカフェ「梟(ふくろう)の栖(すみか)」を金沢市西泉3にオープンした。「のびのび生活できるように」と、全国でも珍しい放鳥型だ。店内には時計やぬいぐるみなど約1000点のフクロウグッズが並び、その中に置物と見間違えそうなフクロウが5羽--。

 高校卒業後、県内のゴルフ場でフロント業務に就いた。専業主婦やパートを経て、10年ほど前から小松市で飲食店を営んだ。転機は昨年2月。テレビ番組でフクロウと触れ合えるカフェを紹介していた。「そういえば」。30代の頃、ペットショップで見かけた丸い体のフクロウが、つぶらな瞳でこちらを見つめていたのを思い出した。

 昔から「これだ」と思い立ったらすぐに実行に移す性格。「私もフクロウカフェを開く」と家族に宣言した。「止めても無駄だと思われたのか、反対はされなかった」と笑う。

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 日本生殖医学会「不妊治療の延期を」 新型コロナ対策で呼びかけ

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 日産自動車九州が生産ライン停止 従業員の新型コロナ感染確認で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです