メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小関ミオさん

人との出会い、夢つなぐ 県内100カ所ライブ、1年弱で挑戦 仏語で歌う /兵庫

神戸元町商店街のバーであった45回目のライブで歌う小関ミオさん(右から2人目)。曲の合間にはトークも弾んだ=神戸市中央区で2017年7月15日、木田智佳子撮影

 神戸や周辺の小さな飲食店や商店街、イベント会場などに立ち、フランス語で繊細な歌声を響かせるシンガーソングライター、小関ミオさん。「HYOGO 100LOVE〓LIVE」と題し、1年弱で県内100カ所を巡るライブに挑んでいる。「音楽で出会う人たちが希望でつながるように」。兵庫から全国へ、世界へと、夢に向け一歩一歩を刻んでいる。【木田智佳子】

 千葉県浦安市出身。子供の頃から習っていたバレエを通してフランス語に親しみ、大学でもフランス文学を学…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1036文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文
  2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  3. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]