メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小関ミオさん

人との出会い、夢つなぐ 県内100カ所ライブ、1年弱で挑戦 仏語で歌う /兵庫

神戸元町商店街のバーであった45回目のライブで歌う小関ミオさん(右から2人目)。曲の合間にはトークも弾んだ=神戸市中央区で2017年7月15日、木田智佳子撮影

 神戸や周辺の小さな飲食店や商店街、イベント会場などに立ち、フランス語で繊細な歌声を響かせるシンガーソングライター、小関ミオさん。「HYOGO 100LOVE〓LIVE」と題し、1年弱で県内100カ所を巡るライブに挑んでいる。「音楽で出会う人たちが希望でつながるように」。兵庫から全国へ、世界へと、夢に向け一歩一歩を刻んでいる。【木田智佳子】

 千葉県浦安市出身。子供の頃から習っていたバレエを通してフランス語に親しみ、大学でもフランス文学を学…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1036文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです