メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダブルダッチ

交流育む 世界大会出場、小中学生4人市長報告 香芝 /奈良

大会のメダルを首からかけたチーム「ブランチ」の(左から)巽晴菜さん、中嶋海斗さん、白根千紗さん、北浦成和さん=奈良県香芝市役所で、藤原弘撮影

 ロープ2本を回して技などを競う縄跳びの「ダブルダッチ」の世界大会に出場した小中学生4人のチーム「ブランチ」が、大会結果を香芝市の吉田弘明市長に報告した。15~17歳以下の混合の部の4部門のうち3部門で優勝し、大人も含めた全体で総合3位と好成績を収めた。

 4人は、巽晴菜さん(香芝市立香芝東中)▽中嶋海斗さん(葛城市立新…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです