特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

愛媛大会 シード2校が8強入り 今治東、新居浜南も競り勝つ /愛媛

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【帝京第五-西条】六回表帝京第五1死、左越え本塁打を放って2点目のホームを踏む小西(左)と喜ぶ帝京第五ナイン=松山市坪西町の坊っちゃんスタジアムで、中川祐一撮影
【帝京第五-西条】六回表帝京第五1死、左越え本塁打を放って2点目のホームを踏む小西(左)と喜ぶ帝京第五ナイン=松山市坪西町の坊っちゃんスタジアムで、中川祐一撮影

 第99回全国高校野球選手権愛媛大会は第9日の22日、松山市の坊っちゃんスタジアムなど2会場で3回戦4試合があり、帝京第五、松山聖陵のシード勢に加え、今治東、新居浜南がベスト8入りした。

 帝京第五は岡元健太朗、佐藤蒼介両投手の好投で西条を3安打零封。松山聖陵は2試合連続のコールド勝ち。今治東は延長十回に一挙5点を挙げて粘る新居浜東を制した。新居浜南は九回に三瓶に追いつかれながらも、その裏に1死満塁から木本林太郎投手がサヨナラ安打を放った。

 23日は2会場で3回戦4試合があり、8強が出そろう。【中川祐一】

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文974文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る