メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『集団就職』=澤宮優・著

 (弦書房・2160円)

 日本の高度経済成長は「金の卵」として集団就職で地方から大都市へ働きに出た若い労働者たちに支えられた。往年のヒット曲「あゝ上野駅」の影響で、東北地方からの上京をイメージしがちだが、本書は九州・沖縄から京阪神や中京圏などに職を求めた少年少女にスポットライトを当てた点がユニークだ。戦後労働史に新たなページを加えたと言える。

 1965年当時、中卒男子の県外就職者率は鹿児島県が一位。大阪のすし屋に勤めた歌手の森進一さんも同県…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです