メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済』 著者・水野和夫さん

水野和夫さん

 ◆水野和夫(みずの・かずお)さん

 (集英社新書・842円)

 出版のセオリーの一つに「逆張り」思考がある。世間の常識にあえて逆らう内容で、読む者の耳目を引くのである。3年前、気鋭のエコノミストが狙い澄まして書いた『資本主義の終焉(しゅうえん)と歴史の危機』は刺激的なタイトルと相まって、ベストセラーになった。その「続編」と位置づける本書では、さらに混沌(こんとん)とする世界秩序の限界を展望し、日本が進むべき針路を描いた。

 「人間の欲求は無限です。これに応えるため、生産力増強に適した近代システムが民主主義体制下の資本主義でした。それは資源国や途上国の犠牲で成り立っています。彼らの悲鳴を無視して、富を『蒐集(しゅうしゅう)』してきた国々に対し、彼らはテロリズムで異議を申し立てるようになりました。かたや先進国は賞味期限切れしたシステムを延命させようと、民主国家を放棄して治安維持に躍起です。まさに21世紀の現代は、主権国…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 高松2児放置死「飲みに行くこと注意されて預けられず」 逮捕の母供述

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです