メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済』 著者・水野和夫さん

水野和夫さん

 ◆水野和夫(みずの・かずお)さん

 (集英社新書・842円)

四枚舌でいいんですよ

 出版のセオリーの一つに「逆張り」思考がある。世間の常識にあえて逆らう内容で、読む者の耳目を引くのである。3年前、気鋭のエコノミストが狙い澄まして書いた『資本主義の終焉(しゅうえん)と歴史の危機』は刺激的なタイトルと相まって、ベストセラーになった。その「続編」と位置づける本書では、さらに混沌(こんとん)とする世界秩序の限界を展望し、日本が進むべき針路を描いた。

 「人間の欲求は無限です。これに応えるため、生産力増強に適した近代システムが民主主義体制下の資本主義…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  4. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  5. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです