メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済』 著者・水野和夫さん

水野和夫さん

 ◆水野和夫(みずの・かずお)さん

 (集英社新書・842円)

四枚舌でいいんですよ

 出版のセオリーの一つに「逆張り」思考がある。世間の常識にあえて逆らう内容で、読む者の耳目を引くのである。3年前、気鋭のエコノミストが狙い澄まして書いた『資本主義の終焉(しゅうえん)と歴史の危機』は刺激的なタイトルと相まって、ベストセラーになった。その「続編」と位置づける本書では、さらに混沌(こんとん)とする世界秩序の限界を展望し、日本が進むべき針路を描いた。

 「人間の欲求は無限です。これに応えるため、生産力増強に適した近代システムが民主主義体制下の資本主義…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文963文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]