メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
こころの天気図

眠り妨げる夏の朝日=東京大教授、精神科医 佐々木司

 暑く寝苦しい夜が続くが、この時期に眠りを妨げるもう一つの要因は、朝が早いことだ。6~7月は1年で最も日が長い。東京では午前4時過ぎから明るくなる。

 気づいていない人もいるだろうが、外の明るさで早朝に目が覚めてしまい、睡眠不足に苦しむ人も少なくない。昔の家屋のように雨戸でしっかり外の光が遮断できればいいのだが、今の住宅には雨戸がほとんどなく、薄いカーテンから差し込む光で目が覚めてしまう。朝日とともに部屋の温度も上がり、暑さでも目が覚めやすくなる。朝4時過ぎに目が覚めると、夜10時に寝たとしても6時間睡眠、11時に寝れば5時間睡眠となる。1日7~8時間、あるいはそれ以上の睡眠が必要な人には、かなりこたえる。

 北緯35度くらいの東京でこれだから、日の出が早く日の入りが遅い高緯度の東北や北海道では、もっときつ…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文973文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  2. けものフレンズ 新フェネック役に新人声優・美坂朱音 初インタビュー 初の収録で涙も

  3. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  5. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです