水泳

世界選手権 日本、2大会連続銅 シンクロ・フリーコンビ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ブダペスト村上正】水泳の世界選手権は第9日の22日、当地で行われ、シンクロナイズドスイミングのフリーコンビネーション決勝で予選3位の日本(乾、中村、中牧、阿久津、福村、河野、丸茂、小俣、田崎、大沢)は93・2000点で銅メダルを獲得した。この種目では2015年の前回に続き、2大会連続の銅。優勝は中国、2位はウクライナが入った。

 第8日の21日はシンクロの混合デュエット・フリールーティン(FR)予選で安部篤史、足立夢実(いずれも楓心舘シンクロク)組が86・9333点で4位に入った。トップはロシアのアレクサンドル・マルツェフ、ミハエラ・カランチャ組。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1319文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集