メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カタール首長

サウジやエジプトと「対話の用意」

 【カイロ篠田航一】カタール国家元首のタミム首長は21日夜、テレビ演説し、国交断絶を通告してきたサウジアラビアやエジプトなどと「対話する用意がある」と表明した。カタールを拠点とする衛星テレビ局アルジャジーラが伝えた。サウジなどが6月5日に断交を発表後、タミム首長が問題解決に向けて演説したのは初めて。一方で、解決策は「カタールの主権が尊重される方法であるべきだ」とも述べた。

 サウジなどは断交理由として度々「カタールがテロ組織を支援している」と強調してきたが、タミム首長は「…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです