メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏

ツイッター発信強化 広報戦略を掌握

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は21日、ホワイトハウスの広報体制刷新に着手した。空席だった広報部長に、スパイサー大統領報道官の反対を押し切って、米ウォール街出身のスカラムチ氏を起用。スパイサー氏は辞任を表明した。トランプ氏は個人的にも親しいスカラムチ氏を責任者に据えて広報戦略を掌握し、対立するメディアを介さずに国民に直接発信する機会を強化する狙いとみられる。

 「大統領は偉大なメッセージの伝達者だ」。21日、ホワイトハウスで記者会見に臨んだスカラムチ氏はトランプ氏をたたえ、近くトランプ氏本人が記者会見する機会を模索する考えを示した。また、「できるだけ多くの質問に答えたい」と宣言。スパイサー氏の後任として副報道官から報道官に昇格したサンダース氏が止めに入るまで、笑顔もまじえながら約40分間、記者団の質問に答えた。一方、先月から減少傾向にある記者会見を定例…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック感染対策、難題手つかずで越年 定まらぬ観客対応、膨張する費用

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  4. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  5. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです