福島3号機

容器底にも溶融燃料か 堆積物、広範囲に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発3号機の原子炉格納容器底部付近で撮影された堆積物。右には、落下した作業用足場が見える=国際廃炉研究開発機構提供
東京電力福島第1原発3号機の原子炉格納容器底部付近で撮影された堆積物。右には、落下した作業用足場が見える=国際廃炉研究開発機構提供

 東京電力は22日、福島第1原発3号機で進めていた原子炉格納容器内の調査で、同容器内の底部に事故で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)とみられる塊を確認したと発表した。東電は、燃料デブリの可能性が高いとみて、得られた映像の解析を進める。

 東電は、円筒形の水中ロボット(直径約13センチ、全長約30センチ)を格納容器の底部に進め、たまった汚染水(深さ約6.4メートル)の中を撮影。底部の中央付近で、燃料デブリとみられる高さ約1メートルの岩状の塊や、砂や石のような堆積(たいせき)物が広範囲にあるのを確認した。東電の担当者は「原子炉で溶けた核燃料が金属などと混じ…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文690文字)

あわせて読みたい

注目の特集