メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

「近寄るな」軍人、病床で最期の抵抗

大野陸軍病院で患者を診察する米国マンハッタン管区調査団。中央は東京帝国大の都築正男博士=広島県大野村(現廿日市市)で1945年9月10日、新見達郎撮影

 広島原爆の投下から約1カ月後、広島県大野村(現廿日市(はつかいち)市)にあった大野陸軍病院を米軍の調査団が訪れていた。同行取材した毎日新聞記者が撮影した写真には、負傷者を囲むように立つ米軍人らが写っている。72年前の写真を手にした同病院の元看護師、古原(こばら)ユキエさん(92)=島根県浜田市=の耳に、原爆で傷を負った若い軍人の怒声がよみがえった。「近寄るな!」

 写真は1945年9月10日の撮影で、古原さんは日米開戦の41年ごろ病院に勤め始めた。瀬戸内海を望む…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文945文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]