メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

世界コスプレサミット実行委員長 小栗徳丸さん /愛知

小栗徳丸さん

 ゲームやアニメ、漫画などのキャラクターにふんした「コスプレーヤー」。世界35カ国・地域の予選を勝ち上がった出場者が集う第15回「世界コスプレサミット(WCS)」が29日~8月6日、名古屋市中区の栄地区や大須地区などで開かれる。20万人以上を動員する大イベントだが、スタートから関わる実行委員長は「日本の誇るべき文化をもっと多くの人に知ってもらいたい」と意気込む。

 WCSの開催は、テレビ愛知勤務時代の2002年、コスプレがテーマの番組のプロデューサーを務めたことが契機となった。自身はゲームやアニメに興味がなかったが、パリで開かれたコスプレイベントを取材して驚いた。「セーラームーン」や「うる星やつら」などのコスプレをした数百人が「日本のアニメや漫画は素晴らしい」「日本人と会えてうれしい」などと目を輝かせて話しかけてきた。

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

  3. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  4. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  5. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです