ゲリラ豪雨

彦根付近で 200人「列車ホテル」で一夜 JR一時停止 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 22日夜、彦根市付近をゲリラ的な豪雨が襲い、JR東海道線の米原-河瀬間が一時ストップ。乗り継ぎに間に合わなかった東京方面行きの乗客ら約200人が米原駅でJRが客車を用意した「列車ホテル」で一夜を明かした。

 JR西日本によると、午後9時20分、彦根駅の雨量計で時間雨量が55ミリの規制値を超えたため運行を一時停止。線路点検などが完了した23日午前0時21分に徐行運転、同1時3分に通常運転を再開したが、上り7本、下り5本が部分運休、関西空港発米原行きの特急はるか50号が210分遅れたのを最長に上り12本、下り6本が5分以上…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文655文字)

あわせて読みたい

注目の特集